富士通サーバ、TOP500で8位、Green500で4位

「ISC HIGH PERFORMANCE 2017」は6月19日、世界のスパコンランキング「TOP500」と、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けする「Green500」の2017年6月版を公開しました。

TOP500」は、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを、定期的にランク付けし、評価するプロジェクトで、年2回発表されています。

富士通のスーパーコンピューター「京」は、2011年に第1位となりましたが、その後はCray、NUDT、NRCPCに首位の座を明け渡しています。

それでも、最新の2017年6月版では、8位となりました。

同時に発表される「Green500」は、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けしたものです。

ここでは、日本製のスーパーコンピューターが、1位から4位までを独占しています。

そして、富士通の「RAIDEN」が4位にランクインしました。

世界レベルのテクノロジーをベースにしたIAサーバ「PRIMERGY」


PRIMERGYは、卓越した富士通の技術力を基に作られたIAサーバです。
基本性能に忠実で、高い拡張性を備えており、日本国内ではトップシェアを誇ります。

KSGアメリカでは、富士通IAサーバPRIMERGYを即納特価で販売しております。

お求めは、こちらより。

コメント

このブログの人気の投稿

京都の老舗が廃業へ

WannaCryの対策はお済ですか?

GoogleのCEOを騙るスパムメールが来ました