富士通サーバ、TOP500で8位、Green500で4位

「ISC HIGH PERFORMANCE 2017」は6月19日、世界のスパコンランキング「TOP500」と、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けする「Green500」の2017年6月版を公開しました。

TOP500」は、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを、定期的にランク付けし、評価するプロジェクトで、年2回発表されています。

富士通のスーパーコンピューター「京」は、2011年に第1位となりましたが、その後はCray、NUDT、NRCPCに首位の座を明け渡しています。

それでも、最新の2017年6月版では、8位となりました。

同時に発表される「Green500」は、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けしたものです。

ここでは、日本製のスーパーコンピューターが、1位から4位までを独占しています。

そして、富士通の「RAIDEN」が4位にランクインしました。

世界レベルのテクノロジーをベースにしたIAサーバ「PRIMERGY」
PRIMERGYは、卓越した富士通の技術力を基に作られたIAサーバです。
基本性能に忠実で、高い拡張性を備えており、日本国内ではトップシェアを誇ります。

KSGアメリカでは、富士通IAサーバPRIMERGYを即納特価で販売しております。

お求めは、こちらより。

Windows 6 月のセキュリティ更新プログラムが公開されました

本日、日本時間の6月14日、マイクロソフトより、Windowsのセキュリティ更新プログラムが公開されました。

今回は、「国家レベルでの攻撃および情報開示による悪用の危険性が高まっているため」という理由で、既にサポートが終了している、Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2003についても更新プログラムが公開され、手動ダウンロード可能になっています。

緊急は11件、具体的な内容は下記の通りとなります。


製品ファミリ 最大深刻度 最も大きな影響 再起動の必要性 関連する記事またはサポートの Web ページ
Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows 10 RTM:4022727、Windows 10 1511:4022714、Windows 10 1607:4022715、Windows 10 1703: 4022725、Windows Server 2016:4022715
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2: 4022717 (セキュリティのみの更新プログラム) と4022726 (月例ロールアップ)。
Windows Server 2012 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows Server 2012:4022718 (セキュリティのみの更新プログラム) と4022724 (月例ロールアップ)。
Windows RT 8.1 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows RT 8.1:4022726。注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows 7 および Windows Server 2008 R2:4022722 (セキュリティのみの更新プログラム) と4022719 (月例ロールアップ)。
Windows Server 2008 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Windows Server 2008 の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008 のバージョンを参照しています。321784540181064019204402190340219234022008402201040220134022883402288440228874024402
Internet Explorer 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Internet Explorer 9:4021558、Internet Explorer 10:40227244021558、Internet Explorer 11:4021558402271440227154022719402272540227264022727
Microsoft OfficeOffice ServicesOffice Web Apps、およびその他の Office 関連ソフトウェア 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり 今回のリリースには Office コンポーネントに関する 42 個のサポート技術情報がありますが、多すぎるため、ここでは記載しません。これらの記事のリンクについては、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照するか、Office Tech Center の「Office のダウンロード & 更新プログラム」のページを参照してください。
Microsoft Silverlight 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Microsoft Silverlight:4023307
Microsoft Lync および Skype for Business 緊急 リモートでコードが実行される 再起動が必要な場合あり Microsoft Lync:3191939、Skype for Business:3203382
Adobe Flash Player 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動 Adobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラムに関するマイクロソフトからの情報:4022730
提供されるパッチに含まれる脆弱性の件数は、CVE番号ベースでなんと96件あり、緊急は18件との事。

なるべく早めのアップデートをお勧めします。

コメント

このブログの人気の投稿

京都の老舗が廃業へ

WannaCryの対策はお済ですか?

GoogleのCEOを騙るスパムメールが来ました