富士通サーバ、TOP500で8位、Green500で4位

「ISC HIGH PERFORMANCE 2017」は6月19日、世界のスパコンランキング「TOP500」と、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けする「Green500」の2017年6月版を公開しました。

TOP500」は、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを、定期的にランク付けし、評価するプロジェクトで、年2回発表されています。

富士通のスーパーコンピューター「京」は、2011年に第1位となりましたが、その後はCray、NUDT、NRCPCに首位の座を明け渡しています。

それでも、最新の2017年6月版では、8位となりました。

同時に発表される「Green500」は、消費電力あたりの性能が高いスパコンをランク付けしたものです。

ここでは、日本製のスーパーコンピューターが、1位から4位までを独占しています。

そして、富士通の「RAIDEN」が4位にランクインしました。

世界レベルのテクノロジーをベースにしたIAサーバ「PRIMERGY」
PRIMERGYは、卓越した富士通の技術力を基に作られたIAサーバです。
基本性能に忠実で、高い拡張性を備えており、日本国内ではトップシェアを誇ります。

KSGアメリカでは、富士通IAサーバPRIMERGYを即納特価で販売しております。

お求めは、こちらより。

BlackbrazeのHDD故障率データ

アメリカのクラウドサービス会社Blackbraze社が、定期的に自社使用のHDDの故障率データを公開しています。

HDDの信頼度を図るデータとして、毎回話題になりますね。

直近(2017Q1)のデータが出されていました。

Q1期間中の故障率は、SeagateのHDD、Barracuda ST4000DX000(4TB/7200RPM/128MB cache/SATA/6.0Gb/s 3.5)がダントツで35.88%という結果でした。
何かの間違いがトラブルか、ロット不良でしょうか?

ちなみに平均は、2.11%です。

次が、残念ながら同じくSeagateでBarracuda 4TB ST4000DM000
故障率は3.27%でした。

ここだけに目が行きがちですが、HDDの故障も確率的な部分もあり、たまたま重なったという事も考えられます。

同じくBlackblazeの2013年4月から2017年3月の累計データも公表されています。

ちなみに、このデータを見ると、SeagateのST4000DX000は...残念ながら1位で、故障率は7.51%
35.88%ではないですが、やはり多いですね。

2位は、WDでWD60EFRXの5.59%

ST4000DM000は、3.00%でした。

ちなみに平均故障率は2.07%

最も優秀なのは、HGSTのHMS5C4040ALE640の0.64%、次もHGSTでHMS5C4040BLE640で0.68%、3位も同じくHGSTでHDS5C3030ALA630で0.84%となっています。

HGST優秀ですね。

資料をご覧になるにあたっては、実際に使用されている台数(Drive Count)も確認した方が良いですね。

コメント

このブログの人気の投稿

京都の老舗が廃業へ

WannaCryの対策はお済ですか?

GoogleのCEOを騙るスパムメールが来ました